どうもまうまうです。
***********
愛娘ういたんと、犬顔夫ちーたんと3人の暮らしをつづっています。
初めましてのかたはこちらもどうぞ!
私たち家族の自己紹介です。
***********


IMG_1032

夏用画像に切り替えました。
相変わらずですがよろしくお願いします。


********************


今年、私がハマっているのは…ぬか漬け。

ブーム的には、人生3回目?笑。

1回目は大学生、一人暮らししはじめ。我流でした(昔のブログでも色々漬けていました!2006年、文章が若いな~…)。
2回目は結婚前かな~。結構続いていたのですが、やはり出張などで1か月ほど家を空けることもあり、断念。
3回目、在宅生活がぐっと増え、夏野菜もどんどん採れてくる今でしょ!!


大体5-10年に1回のブームだったようです。
続かなかったのは・・・。
-我流(キュウリしかつけていなくて美味しくなく努力をしていなかった)
-容器(かき混ぜづらい)
-家族の好みが合わない

b0088493_20175136
(過去のブログからひっくりかえしました。容器が小さい!!)


出会いは突然訪れました。。。

今回は母がたまたまぬか漬けを始めてらしく、
たまたま娘と遊びに行った際に、ちょっと食べてみてって言われて出されたのが

・・・・・・・。


うううう。。。。;つД`)
すっごいしょっっっっっぱい!!!というぬか漬で(しかも本人は食べずにw)、、、、、、
何これ!苦いし、しょっぱいし!!って文句を言ったところから始まり、、、
表現できない酷すぎるしょっぱさでなおかつぬか香りの若さだったので、もういい!少し分けて!
このぬか床は、こっちでも育てる!!
と言って、ジップロックで分けられてやってきたのが始まりです。(^。^)y-.。o○

つまり、生まれは母、育ては私。(´_ゝ`)
母から譲り受けたというと聞こえはいいですけどね!!

さて、母から半ば強引にぬかを引き取った私は、まずは知識をつけようと、図書館でぬか漬けの本や雑誌を借りてきて端から読みました!!


特に、ぬか漬け帖。A5の小さな本なのですが、とても奥深い。
私は元々有元さんの本が好きで、他の本も読んでいますが、
信者の様に読み込みました笑。

 

この中で、『おうちにぬか床があるのは、生きものを買っているようなものだとも言えます。日々、手間をかけて、手間を惜しまない存在、暮らしの一部になっているような、そんな生き物が、私の場合、魚や動物ではなくて、たまたまぬか床だったというわけです。』
というのは、なんともしっくりきて、そうか微生物も生きものだものね。
ちゃんと餌をあげて元気にしていわわってあげないといけないなと考えさせられました。。

また、美味しいぬか漬けのためにいれるものとして、青梅、鮭カマの頭、山椒の実と、どれもびっくりすることばかり。おうちでも早速、鯛のカマを入れていみましたww。



こちらも本もぬか漬けのカレンダー、(季節ごとの旬の食材の提案)などもあっておすすめです。

そして、本を読んだ後は、、、
どどっと、米麹と熟成ぬか(入りぬか)、昆布、干ししいたけなどを用意し、とにかくぬかを整えつつ、くず野菜で味調整。。。(でも室温が暖かかったので3日くらいかな。。)

FullSizeRender


ちなみに米こうじからは、塩こうじも作ったのでこちらは別記事で今度書きます~~。

FullSizeRender


そしてこれが、だいぶなじんできたころ。
一回、一回、綺麗に淵を拭きとって綺麗にしておくと、いつも安心してのぞけます。

こっから画像多めなので、味や漬け込みのまとめは一番下に書きますね。

FullSizeRender

まずは定番、キュウリと、ニンジンとナスとダイコンの皮と昆布。
FullSizeRender

採り遅れてしまった大きなキュウリも安心して消費できます。。
この日は、お隣さんからいただいたキュウリとダイコンのキムチも添えて。。。
IMG_9719


FullSizeRender
次に、キュウリ、ナス、ミョウガ、ナス、ダイコン。。

次の材料はなんと、アボカドと黄色ズッキーニ!!
FullSizeRender

アボカドは種を取って、皮をむいてキッチンペーパーに包んで、、、
種が入っていたところにも丁寧にぬかを詰めてから優しく漬け込みます。。
IMG_9734
目印にアボカドの皮・・・。

IMG_9761

ズッキーニはきゅうりより色も保持しやすく、味も変わりにくい!まろやかで美味しいです。
アボカドはねっとりして美味し~~!(=゚ω゚)ノ、
個人的には安心安定のキュウリ品質に続く変化球選手です。

IMG_9762


これはショウガと、ズッキーニとゆでジャガイモ!!
ジャガイモは皮ごとかるく茹でて小さいのは丸ごとぽこんと入れちゃいます!
IMG_9757
FullSizeRender
FullSizeRender

ねっとりしているけど食べやすい。
ジャガイモはとても食べやすくて、ぬかづけ初心者、ぬか漬け苦手な方にも良いかもしれません。

IMG_1084

ちみだよ、ちみ。。


FullSizeRender
あとは、ネットで検索してみたら、エリンギは生のまま漬け込んで食べられるというのでやってみましたよ!
FullSizeRender
FullSizeRender
じゃじゃーん。
そのままだと、意外にも、ザ・ぬか漬けという味でしたので、焼いてバター焼きも作って見ました。。


FullSizeRender
FullSizeRender
風味は上がったが、やはり漬物でしたwww
これは、、上級者向け笑


そして、ここからは追加調査中~~。まだ結果が出ていません!)。
ソラマメとダイコンの干したもの!!(追加実験中。)

↑コレ、使っています。


IMG_9754

IMG_9740
IMG_9739

IMG_9767
だんだん書ききれなくなってきたので、こちらは、また結果も兼ねてUPします~。

また、美味しいチダイを買ってきて、頭をコンガリ焼いて・・・。
IMG_9742

こんがり。。。。うっかり忘れそうになりますが、これは鯛でした。
IMG_9760
そちらも、ぬか床に加えました。
なんだか海の風味も増したように気がします。。。。(´_ゝ`)


そう、ぬか漬けは、実験みたいで楽しい~~~~!!!
本を読んだりネットで調べると、色々なことが学べて勉強になります。。。
まさに微生物が家族に加わったよう。。


ここまでの実験まとめ。
・ニンジン、1-2日漬ける。オーソドックスなお味。
・キュウリ、半日で十分、つけすぎると色が抜ける。塩もみすると美味しい。
・ナス、ヘタごとつける。早くつけると色が残るが苦い。つけすぎると色が抜ける。修行が必要。
・ズッキーニ、キュウリよりはねっとりして浸かるのもゆっくり目。簡単で美味しい。
・ミョウガ、さわやかな風味で浅漬けが美味しい。
・ショウガ、1-2日、なかなか風味がつかない、さすが、薬味の王様、ショウガ。
・ジャガイモ、茹でて1日つけたもののの風味がいまいち。もう少し長くつけても良いのかも。
・アボカド、ねっとりとしてチーズの様なコク。もうこれはぬかづけではない。別の食べ物。
・エリンギ、美味しいが、風味が強く初心者には不向き。水分も出すぎるのでリベンジ。
・昆布、2-3日漬けて食べると美味しい。
・ダイコンの皮、適当に2日、ぬか床の餌にしてから、細かく切ると歯ごたえがあり美味しい。


だんだんマニアっぽい記事になってきたので今日はここまで。
続編が出るかも?

IMG_0920



IMG_0098