***********
愛娘ういたんと、犬顔夫ちーたんと3人の暮らしをつづっています。
初めましてのかたはこちらもどうぞ!(2020年8月更新しました。)
私たち家族の自己紹介です。
***********

2020年秋Ver(当分予約投稿の記事と、前後するかもしれませんが・・・)
IMG_1352

どうもまうまうです。

数年前に茶器をの蓋を落として割ってしまい、
ただ捨てられず、蓋なしで活躍していてくれていたので、延々とそのままにしていたのですが、
今年重い腰を上げて、修復してみることにしました。

修復法は、金継ぎ!

金継ぎとは・・・
(私はずっとカナツギと読んでいました・・・恥。正しくはキンツギです。)

欠けたり割れたりした器を、漆などの自然にある物を使って修復する伝統的な技法です。漆で修復していたのち、金紛を最後の仕上げのときに使います。

詳しくはこちらを参照しました。



そして、こちらの初心者セットを買いました~。

私が購入したのは、大御所で安心な東急ハンズさんのものです。



沢山工程があるのですが、主に、この5工程。 (中の説明書の通り)

1.漆固め…丈夫できれいな金継ぎを行うための、下準備を行う。

2.刻苧(こくそ)付け…部分修復用の「刻苧漆」をつくり、欠けた部分を埋めていきます。

3.錆漆(さびうるし)付け/錆研ぎ…より美しく仕上げるために、「錆漆」で細かい穴や小さい段差を埋める。

4.塗り/塗りの研ぎ…下地全体を覆うように弁柄漆を塗る、防水などのコーティングの役割。

5.金粉蒔き、金粉固め、磨き


全行程は取っていないのですが、一緒にみてハラハラしてください。笑
まず、最初の割れた破片の画像を撮っていなかったので、漆で接着したときから(多分この辺が5月です…)

IMG_9747
この後、実は茶器にうまくはまらなかったので、
一度解体して、もう一回接着する羽目に…(ここでもう6月くらいかな…。)


なんとか接着~。
IMG_9748

おそるおそる・・・。
IMG_0689

ガポッ
はいった~
ちょっとグラグラするけど入った~~!
IMG_0690

金粉をまぶして・・・。
IMG_0691

ふきふきして…あ、金粉がついてない部分がある・汗
IMG_1018

最後はメノウでコシコシとこすって・・・。
IMG_1019

完成~!
頑張った~~!
IMG_1036

無事に蘇りました~。

IMG_1037


いやー
忙しかったりすると平気で放置できてしまうので時間がかかりましたけど、
ずっと金継ぎやってみたかったので、とても満足しております。。

初心者はまず、少し欠けた器からやるのが良いそうなのですが、
あいにくと直したい食器がこの派手に割れた蓋だったので仕方ない。
と腹を決めて、キャーキャーいいながら頑張りました。

金継ぎは、時間も技も必要だけど、家で使う分には十分です。
また1工程の作業自体は30分もかからないので、時間をおいて少しずつコツコツできるのが良いです。
そして天然由来の材料のみ使用するので、安心して食器に使うことができておすすめです。

皆さ~ん、金継ぎやってみませんか?
自分で直した器は愛着がわきますよ。

↓こちらを購入しました。

こちらはスタイリッシュで素敵~



まうまうでした。

↓LINEで読者登録★ありがとうございます。嬉しいです。
IMG_0920



↓育児や日々の暮らしに買ってよかったものをこまごま載せています。
良かったら見て下さいね~。


IMG_0098