子育てしながら私も育て!(絵日記+徒然)

こんにちは!まうまうです。 慣れない育児と仕事と家事をなんとかこなす母4年目。 私より既に強い娘(3歳)と、可愛い犬顔の夫の3人家族です。 徒然と日常の話を絵日記や暮らしの写真を主に綴っています。 外資系の仕事をしていて、出張が多く夜や朝の時差仕事も多いので、同じようなお母さんがいたら励みなるかなと思って初めて見たのがきっかけです。 土日更新が多いので暖かい目で見守っていただけますと嬉しいです。

カテゴリ: 地球に優しい

どうもまうまうです。
***********
愛娘ういたんと、犬顔夫ちーたんと3人の暮らしをつづっています。
初めましてのかたはこちらもどうぞ!
私たち家族の自己紹介です。
***********
IMG_1032

今日は手作り系。

*************************


コーヒーフィルターはドリップ派の我が家にとってなくてはならない存在です。

IMG_1170

しかし、このフィルター、1日に3-4枚は使っていて、抽出した後のコーヒー粉は土に還りますが、
コーヒーフィルターは1年位平気でそのままの姿でおります。
というわけで、可燃ごみです。

なんとかならないかなぁーと思っていました。。。




こういうものもありますが、家で使うにはコストが…。。

以前、このようなリユース系のコーヒーフィルターを使っていたのですが、
交換時期がわからず...。



それで、そこではた...と思ったのですが
それなら手もちの布で手作りして、ある程度使ったら、
他の布同様に端切れにして掃除などに使えばいいのでは?
と思いたち、作ってみることにしました。
エコなのか、どうなのか、、、、
味はどうなのか。。。

でもやってみないとわからないし、、、
よしやってみよう!

今回は、丈夫な布で出来た古着はもっていなかったので、結局Daisoさんで購入。
(この時点でそんなにエコじゃない)

IMG_1169

今使っているコーヒーフィルターで型を取り…。


IMG_0365

ちょっきん。
1方向側が輪になっていると、処理が一回で済みます。

IMG_0378
もう片方側をジグザグやらでがっちり縫えば出来上がり。簡単!

ミシンと仲良くなれない不器用な私でも2分で縫えます。
直線のみ万歳!!!!
こちらは縫った直後の写真を撮り忘れたので、お湯通し後…。

IMG_0367

鍋で一煮立ちさせて、水洗いして・・・。完成!

さて、ドキドキしながら、コーヒーを入れてみる。。。
おおおおおお。
大丈夫だ!!
濾せている!!!!
;つД`)


IMG_0381

ぼこぼこぼこ。
縫わなかった上の部分がちょっとギザギザしていて、
ワイルドな、通な感じ笑。
縫わなかっただけですが。

IMG_0383

というわけでなんとかできました。

肝心な味は、、、紙のフィルターより。。。なんか強い?感じがします。
好きは好きですが、苦みもダイレクトだなって感じです。
朝しゃっきりしたいときとか、気合を入れたいときにはいいかも!

調べてみると、ネルなどの布の素材は、紙よりも目が粗いので、ドッシリ出るそうです。
知らなかった~。
もちろん買ってもOKなのですが、手作りも楽しみたかったので、作ってみてよかったです!

布製フィルターも色々ありますのでご参考までに。





IMG_0920


IMG_0098



どうもまうまうです。
***********
愛娘ういたんと、犬顔夫ちーたんと3人の暮らしをつづっています。
初めましてのかたはこちらもどうぞ!
私たち家族の自己紹介です。
***********
IMG_1032

************

今日は女性専用記事ですので、男性はお断りいたします。。。


・・・(´・ω・)ゴメンネ

*******************



この本に触発されて、少しずつ地球にできる優しいことということで、
おそるおそる買ってみました。。
(そしておそるおそるUPしてみました。)


それは、
布ライナー!!



あ、もちろん
布ナプキンも売っています!

************

なんの宣伝でもないのですが良かったので共有させてください!

デザインがシンプルで、さらにこれまたありがたいことに、
正方形だから普通に干していても家族にもタオルやハンカチ位にしか思われないところが良いです。




実際やってみたのですが、本当に簡単でこれも自然に優しくて良いです。
自分でも端切れで作ってみたのですが、こちらの加工の方が洗いやすいです。

使用前(当たり前だ)
IMG_0098

届いたのはこんな感じです。
大きさはこんな感じ、かなり小さめです。

IMG_0099

スタッフの方の手書きのお礼状とお便りも!

IMG_0097

肝心な使用感ですが。。。

とても柔らかい付け心地で肌にフィットします。心持暖かい気もします~。。
ですが、私が買ったものは一番小さいくて薄いものなので大量だとすぐ貫通しちゃうかな~って感じです。
でももうすぐ来るかな?とかもう終わりそうだな、ってときは最適です。

個人の感想ですが、お薦めですので是非宜しかったらのぞいてみてください。
私ももう一つ大きいサイズを購入しようと思います~。



洗いやすい加工などはできませんが、自分でも簡単に作れるので、自作もおすすめです!!


IMG_0920


IMG_0098

どうもまうまうです。
***********
愛娘ういたんと、犬顔夫ちーたんと3人の暮らしをつづっています。
初めましてのかたはこちらもどうぞ!
私たち家族の自己紹介です。
***********
IMG_1032


どうも、まうまうです。
最近、少しずつ地球に優しい暮らしに興味がわいています。

と、言っても汚し盛りな娘と、
夫婦共に出張やフルタイムの仕事を抱えて
手間暇かけた家事ができる状態ではありませんが。

だからと言って、地球に優しくない生活を送りたいわけではないのです。

出来ることから少しずつ
興味を持ち続けることが大事だと思います。


***************

きっかけは、雑誌で読んだ服部さんの記事で紹介されていた本です。

(本の紹介はこちらが読みやすいかも。。)





ジョンソンさんは5人家族でカリフォルニアに暮らしているのですが、
1年間のごみはなんと空き瓶1つ分。
これだけなんて、最初信じられないと思いましたが。

この本を読んだローレンさんという方は、まさかの2年で500mlのゴミしか出していない・・・

びっくりしました。
アメリカのイメージって、ごみを出さない暮らしから真逆のイメージで、
なんでもビックサイズで売っていて、ゴミも細かく分別せず250Lのゴミ箱いっぱいなイメージでした。
道にゴミは平気で散らばっていて、整頓されていないイメージ・・・。
(大学生のころ、3週間程ショートステイしたこともありますが、まんまアメリカでしたww)

でも、その中でも、エコな持続可能な暮らしを考える人はちゃんと存在して、
日本でもアメリカでも、地球の未来を、または自分の暮らしを見つめ直して、
実際に暮らしの中に取り入れて実践しているんだな~と、
当たり前といえば当たり前のことを、忘れていたように感じます。
アメリカだから、日本だから、都会だからなどは偏見でした。

もちろん、私はまだまだすぐ捨てられる紙(ティシュペーパー、キッチンペーパー、コーフィーフィルター)は安価で頼ってしまっていますが(この間コストコでも買っちゃったし・・・(;一_一))。
便利な紙を使うことと、エコな暮らしを考えることは対極ではないと思います。
不便な暮らしをしたいわけではない。
暮らしはもっと向上していきたい。
その中で地球にも優しい、自分たちにも優しい生活をしていきたい。
そんなことを考えて、興味を持ち続けることで、
少しずつ自分自身の生活、生き方を見直すきっかけになればと思っています。


そんなわけで、ゆるーい地球に優しい暮らし。

その①、子供の着古した服で、再生可能なティッシュづくり。

題して、布ティッシュ!
と言っても、ゼロ・ウェイスト・ホームにも載っていましたが。

ただ、切ってミシンで縫うだけ。
もしくは切りっぱなしでもいいかもしれませんが。今回は縫ってみました。
色々な形で試行錯誤中。

IMG_0094

空き瓶に入れて机に置いておくだけ。

IMG_0095

小さな子供がいると
少しだけ食べ物をこぼしてしまった、とか、
ちょっと牛乳をこぼした、とか、
ちょっとだけパンやお菓子をとりわけたい、とか
ちょっと子供の口元が汚れているぞ、とか
…ありますよね。

そんなとき、タオルを使うのにはもったいない。
そして、迅速に、素早く拭きたい、ぐずぐずしていると二次災害、(子供が遊ぶ、親の服で拭うとか、別の食器につくとか、こぼれる!) とか考えて
目の前のティッシュで拭いてしまいます。

1秒で届く距離に布ティッシュ。
ちょっと使って、また洗って使える布ティッシュ。
鼻炎のちーたんは無理ですが、私は鼻水もほとんど出ないので、家にいるときは布ティッシュで済みそうです。

懐かしいソラカラちゃんシールを付けてみました。
IMG_0096
なんども使用して、ティッシュとして使うには抵抗が出てきたら、
いつもの通り、布切れとしてフライパンの掃除や拭き掃除に使って捨てられます。

布のサイズと枚数は少し使ってみて、自分に合った量を作っていきたいと思います。
こんな感じで、ゆるーくエコな暮らしを考えていきたいと思います。


IMG_0920


IMG_0098

↑このページのトップヘ